SEO分析ツール「ahrefs」の使い方

SEO分析ツール「ahrefs」の使い方

今回紹介するのは「Ahrefs」という、SEO対策に特化した最強の分析ツールです。

私もAhrefsを愛用しており、これが無ければ仕事が進まないほど、なくてはならない存在となっています。

この記事では、Ahrefs(エイチレフス)の概要から使い方までを徹底解説します。

もし、分析ツールを使ってWebサイトの順位を本気で上げたいと考えているのなら、ぜひAhrefsも候補のひとつとして検討してみてはいかがでしょうか。

Ahrefsとは

「Ahrefs(エイチレフス)」は世界で60万人の導入実績を誇る、SEO分析ツールです。

自社のWebサイトに限らず、あらゆる競合サイトの被リンク分析や検索エンジンの上位表示コンテンツ、想定流入キーワード、ソーシャルメディアでの反応などを瞬時に把握することができる、SEO対策特化型の超万能ツールです。

Ahrefs(エイチレフス)を利用することでできることは、主に下記の7つとなります。

  1. 競合サイトの上位表示コンテンツの調査
    サイトエクスプローラー
  2. ソーシャルメディアで話題になっているコンテンツの調査
    キーワードエクスプローラー
  3. まだ流入していないキーワードから新規コンテンツを検討する
    コンテンツエクスプローラー
  4. 他サイトからの被リンク動向をリアルタイムで確認する
    ダッシュボード
  5. クライアントのWebサイト分析をして課題を発見する
    アラートメール
  6. 自社と競合サイトのキーワード難易度を調査する
    ランクトラッカー
  7. 対策サイトの順位変動をチェックする
    サイト監査

ひとつづつ解説していきます。

サイトエクスプローラー

Web上をクロールすることで得た膨大なインデックスデータから、検索したURL・ドメインの被リンクリンク、オーガニックキーワード、ソーシャルデータなどの詳細情報を得ることができます。

上位表示されているキーワードや、被リンクの数・質も一目でわかるため、Ahrefsの中でも特に使用頻度が高くメインの機能と言えます。

キーワードエクスプローラー

キーワードエクスプローラーは、任意のキーワードの検索ボリュームや難易度を調査できる機能です。

具体的には、下記の通り。

  • キーワードのボリューム
  • キーワードの難易度
  • キーワードのボリューム
  • クリック数
  • 類似キーワードの提案

さらに、GoogleやYahoo!、YouTubeなど計9つの検索エンジンに対応しており、YouTubeのマーケティングとして活用している人もたくさんいますね。

このように、キーワードにまつわるすべての情報を網羅して調査することができます。

コンテンツエクスプローラー

コンテンツエクスプローラーでは、SNSをはじめとしたソーシャルメディアで話題になっている(シェアされている)コンテンツを調査できます。

近年、ソーシャルメディアの動向は重要度を増してきており、ソーシャルメディアを対策しておくことで、検索エンジン以外からの流入を確保できます。

ダッシュボード

Ahrefsのダッシュボードでは、登録したWebサイトのデータを一覧で見ることができます。

事前に登録しておいたWebサイトを自動でトラッキングしてくれて、サイト内のリンク数、被リンクの増減、オーガニックキーワード数、オーガニックトラフィック数などのデータを蓄積してくれます。

また、自身が運営するWebサイトだけに限らず、他のWebサイトも登録できるので、競合サイトを登録しておいて、動向をチェックすることも効果的です。

登録したサイトの簡易情報を一発で確認することができ、さらに対象サイトをクリックするとサイトエクスプローラーに飛び、より詳細情報を確認できる仕様になっています。

アラートメール

アラートメール機能を利用することで、下記の3つの情報をメールで受け取ることができるようになります。

  • 被リンク
  • 新しいキーワード
  • 言及

アラートメールの使い方はかなりシンプルで、Ahrefs上部のカテゴリーから「アラートメール」を選択後、左上からどのメール通知を受け取りたいかを選択し、右上の「新規アラート登録」をクリック。

そうすると、ウインドウが表示されるので、必要項目を入力して「追加」を押せばOKです。

ランクトラッカー

ランクトラッカーは、その名の通り登録したキーワードの検索順位をトラッキングしている検索順位を確認することができます。

取得できるデータは、下記の通り。

  • 順位監視キーワード
  • 検索順位
  • 検索ボリューム
  • 予想トラフィック
  • 上位10位サイトの情報
  • ランクインURL
  • ロケーション

検索順位を調べたいキーワードと対象URLを登録すると、1日1回検索順位を取得してきてデータとして蓄積してくれます。

サイト監査

Ahrefsのサイト監査機能では、登録したWebサイトのHTML、CSS、ディスクリプションなどの要素をクローリングし、サイトに対するSEOの問題や状態をまとめてレポーティングができます。

レポートやグラフを用いて視覚的にデータを確認でき、必要に応じて過去のデータを閲覧できるので効果分析にも役立ちます。

以上で、Ahrefsの使い方紹介は終了です。こう見ると、上位表示を狙うために必要な分析機能がすべて網羅されていることがお分かりになるかと思います。

とても便利なAhrefsですが、独自の算出方法で数値を表示しているため、他社ツールと数字が異なる場合があります。その点は注意点として留意しておきましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す