借金を一括で返済したい人が情報商材に手を出してはいけない理由

借金を可能であれば一括で返済したい。この苦しい日常から今すぐ解放されたい。そう思う方は多いと思います。

額にもよりますが、一括で返済したいと思われている方の多くは、10万円や20万円といった比較的少額な借金ではなく3桁以上の借金を抱えていらっしゃるのではないでしょうか。

そういった方が手を出してしまうものの一つに、「〇〇で今すぐ10万円稼げる!」などの情報商材が挙げられます。

断言しますが、こういった情報商材の99%は価格に見合わない情報やツールで、ほとんど価値がないと言っても過言ではありません。

今回はなぜ私がそのように言い切れるのか?を説明していきたいと思います。

借金を背負いながら情報商材を買っていた自分の過去

何を隠そう、私自身も情報商材に何度も手を出しています。

学生時代から手を出しており、手を出した商材の数は全部で5個程度、トータル額で言えば30万程を情報商材に使っていると思います。

今から10年以上も前ですと、twitterなどのSNSもありませんでしたしYouTubeもまだそこまでユーザー数は居ませんでした。ネットで情報を得る手段としてはGoogleでウェブ検索をする以外に無いという時代において、そういった情報商材が「正しいものなのか」「価値のあるものなのか」が非常に判断しづらかったと思います。

また、情報商材を販売する側はとても言葉巧みに、そして魅力的に「この情報がいかに素晴らしいか」「この情報を買えるのは今だけ」とアピールしてきます。昔の自分も、こうした販売側の思惑にまんまと乗っかってしまっていたのですね。

自分が手を出した事のある情報商材

学生時代、一番最初に手を出したのはブランド品を中古で安く仕入れ、ヤフオクで高く売る方法です。今でもヤフオクがメルカリに変わる形で似たような商材はあると思います。

価格は確か2万円くらいだったでしょうか。貧乏学生の自分にとっての2万円はかなり大きな買い物でしたが、アルバイトの代わりになるんだったらいいか、という感じの軽いノリで購入したのを覚えています。

しかし、この情報で自分が手に入れる事ができたのはヤフオクへの出品方法くらいで、肝心のブランド品を安く仕入れる方法はさっぱり使い物になりませんでした。

というのも、「結局は目利きで慣れですから数をこなしましょう」という内容であり、どういう出品物が良いのか・または悪いのかがさっぱり分からなかったのです。

結局そこから自分でせどりを勉強して何とかこの商材分は稼ぎましたが、人生初の情報商材は無駄な買い物に終わりました。

次に手を出したのが、PPC広告で稼ぐというものです。

PPC広告とはリスティング広告の事で、よくわからない人は「Google検索の上位にお金を払って掲載するシステム」と理解してもらえればと思います。

この頃は自分はIT企業に就職して何年か経っていたという事もあり、ある程度ITの知識もありました。リスティング広告自体は詐欺でもなんでもありませんし、企業は実際にリスティング広告によって売上を得ていますから、今度は騙されないだろうと3万円近い情報を購入しました。

この商材にはマニュアルもきちんと整備されており、リスティング広告のやり方も細かく解説されていました。ですが、マニュアル通りにやっても全く肝心の売上に繋がらないという状態が何ヶ月も続きました。

リスティング広告は名前の通り広告です。この広告費は当然自費ですから、商材と合わせて約10万円が既に消えています。

「さすがにこれはどうなの?」と思い販売元に連絡しても全く返答がないどころか、マニュアルに記載されているメールアドレスが無くなっており送ったメールがそのまま私のところに返ってくるだけ。「また騙された!」とかなり失望しました。

その後もWebサイト制作のツールを購入したり、アフィリエイトの方法などを購入しましたが、どれもマニュアル通りやっても売り上げにはなりませんでした。

ちなみにこのWebサイト制作のツールはとてもよくできており、唯一買って良かったと思う商材です。

ほとんどの情報商材には価値がないと思う理由

こうして色々な商材に手を出しては失敗を繰り返す一方で、何となく情報商材の傾向というものが掴めてきました。

それは、「情報やツールそのものに価値があるものはほとんど無い」という事です。

特にウェブで稼ぐジャンルにおいてはほとんどが本になっていますから、何万円も出さなくとも本屋で立ち読みすれば情報は手に入ります。

実際に自分も何度も騙された後、結局独学で知識を身につけようと色んな本を購入しましたが、情報商材の中でさも自慢げに書かれていた「独自のはずの内容」がそっくりそのまま書いてあった事もあります。

つまり、結局は情報商材だろうが本だろうが世の中に出回っている情報というものは同じもので、誰もが平等に手に入れる事ができるのです。

ツールの場合はやや商材によって異なると思いますが、それでも少し調べれば似たような操作ができるツールはほとんど無料で公開されています。有料のツールであれば更に機能が充実し、一方で価格は商材よりも安い事がほとんどです。

情報商材の99%は価格に見合っていない

確かに、一部の情報商材には価値があり、その情報によってお金を稼げるものもあるでしょう。ビットコインが流行り始める前に仮想通貨の情報商材を展開されている人もいましたから、その情報を掴んで実際に購入した人はかなり儲かったはずです。

ですが、そうした情報は全体の1%程度です。大量に転がっているゴミの中から宝を探すならまだしも、大量のゴミかもしれないものを全て買って、その中でたった一つの宝を見つけるまでにあなたは一体いくらお金を使う必要があるのでしょう?

そんな大量のゴミかもしれない情報に何十万もお金を使うくらいなら、もっと家賃が安い場所に引っ越すとか資格を持つとか、確実に収支の改善が見込めるものに使うべきです。

私は過去800万円の借金がありましたが、その800万円を2年間で完済する事ができました。ですが、その借金返済において当然過去購入した情報商材が役に立った事は1つもありませんし、株で大勝ちしたとか仮想通貨で儲けたとか、そうした一発逆転的なものでもありません。

当たり前に支出を減らし、自分が提供できるスキルや時間をお金に変える事で収入を増やしていっただけです。その積み重ねによって、2年間という短い期間でも800万もの借金を返済できるのです。

つまり、情報やツールをいくら仕入れたところで行動しなければお金を生み出しませんし、その行動が正しい方向でなくてもお金を生まない訳です。

これが、私が情報商材に価値がない、価格が見合わないと思う理由です。

皆さんは「金持ちしか知らない情報があるから、この人達はお金を持っているんだ」と思っているのかもしれませんが、情報が特別なのではありません。その情報をどう生かすか?という視点とそのあとのアクションが優れている為にその人はお金持ちになっているのです。

情報やツールを持っているだけでお金を生まない。こんな当たり前の事が、情報商材販売者の巧みなセールストークによって、「買うだけでお金が手に入る」ような感覚に陥り、その結果分からなくなってしまうんですね。

あなたが本当に儲かる情報に出会える確率

さて、この「金持ちしか知らない情報があるから、この人達はお金を持っているんだ」という思い込みについては、一部正しい部分もあります。あります、と言い切れるのは実際に自分の周りでそういった人間が居たからです。

ビットコインが流行り始める前の話です。私の知り合いに、たまたま会社を上場させ、多くのお金を手に入れた人間がいました。その人間はかなり早い段階からビットコインの事を知っていたようで、まだ価格が安い段階でかなりの金額を購入していました。その後ビットコイン取引所のCMが全国的にガンガン流れるようになった頃には、既にビットコインだけで10億近い利益を得ていたのです。

なぜその人間は、そんなに早い段階でビットコインの情報を知っていたのでしょうか?それは、その人間が桁外れのお金を持っている事で、「儲かる」情報を手に入れる事ができたからです。

本当に儲かる特別な情報というのは、自分たちのような一般層には決して降りてきません。理由は簡単です。

まず、必ず儲かる情報というのは数に限りがあります。広まってしまえばその情報の価値が薄まるからです。よって、そういった情報はクローズドな環境でしか公開されません。

また、そうした情報を入手する人は社会的な地位も高い事が多く、結果的に情報を共有する相手もまた、社会的な地位が高かったり資産が多い人です。

そうして限られた金持ちに対して情報は展開される事で、情報を提供する側は安全に商売をする事ができます。

つまり、そうした立場に自分が居ないのであれば本当に儲かる情報にあなたが出会える確率はほぼ0%だと言えるでしょう。

実際に自分も情報商材を販売している人達と話をした事がありますが、そうした人達は儲け話をまず自分の身内で共有し、十分に儲けてからその搾りカスを商材にして売る、とはっきり言っていました。

過去情報商材に何度も騙されてきた自分からすればかなり腹が立つ話でしたが、冷静に考えてみれば仕方のない事です。情報商材を販売する人達はそれを「ビジネス」として行っている訳で、貧乏だったり借金に苦しむ人達を救済する為の事前活動をしている訳では決してありません。

まとめ

いかがでしたか。情報商材については色んなブログで「この商材がおすすめ」「この商材は本当に儲かる」などと宣伝されていますが、あまり真に受けずに一歩引いて考えてみて下さい。

私達の周りにはこうした「一見するとオイシイ儲け話」がたくさん転がっています。そうした情報に出会った時はこの記事の内容を思い出して冷静に判断して頂ければと思います。そうすればもう、あなたの大事なお金を無駄に失う事は無いはずですから。