800万の借金を2年で返済した方法【借金返済のコツを全て公開】

皆さん、はじめまして。藤河マサトと申します。

タイトルにありますように、私は過去800万円もの借金を抱えて絶望のどん底に居ました。

何とかその底から這い上がり、2年でその800万円を全て返済する事ができました。

この記事では、どうやって800万円もの借金を2年間で返済できたのか?を可能な限り詳細に記載しています。

借金にお困りの方にとって、この記事が有益なものになれば幸いです。

はじめに

どのようにして800万も借金を作ったのか?

簡単ではありますが、私がどのようにして「800万円」という借金を作ったのか?という点から自己紹介をしようと思います。

私の借金との付き合いは社会人2年目からになります。借金の理由はスロット、つまりギャンブル です。ありがちな理由だと自分でも思います笑

借りては返す、という行動を取っているうちに、ギャンブル 以外でも借金をする回数がふえていきました。ブランド品の購入や、旅行、見栄を張った不相応な家。

そうこうしているうちに借金は250万近くまで膨らみます。

ここまでの大きな額になると、普通に返していける自信が全く持てません。何か一発逆転できるものは無いか?と必死に探し、そこである事業を手掛ける会社の社長と出会います。

その社長とはかなり意気投合し、一緒に会社を立ち上げる話にまでなっていきました。出資金という事で自分は550万円を用意し、指定の口座に振り込んだのはいいものの・・

それが最後、連絡がつかなくなってしまい 色んな人に頭を下げて用意した550万の借金だけが残ってしまいました。

こうして、ギャンブル などで作った借金250万と合わせて、800万もの借金を抱えてしまった自分。はっきり言って何度も自○を考えましたが、それでも歯を食いしばりながら何とか頑張り、借金を全て返済し終えた今、こうしてブログを書いています。

ブログを始めようと思った理由

2点あります。

1点目は、借金に対する「リアルな」学びを得られるブログやサイトがほとんど無いと感じるからです。

これは、借金をしていて非常に苦しかった時に自分自身が一番感じた事です。

私が欲しかったのは「借金で悲惨な家庭環境を描いたブログ」でもなく、「借金がいつまで経っても返済できない愚痴ブログ」でもなく、「実際に借金を返済した人がどうやって返済したのか?」という具体的なノウハウを記載したブログでした。

800万という借金を完済し終えた今、「自分が借金で苦しんでいる時に読みたかったブログ」を書こうと思ったのはそういう理由からです。

2点目は、コロナウイルスによって現在借金に苦しんでいる人が大勢居るのではないか、と感じたからです。

学生、社会人、正社員、アルバイト、主婦。様々な立場であっても、安泰と呼べる立場はほぼ無くなってきていると思います。

そして借金を抱える人が増える、借金を返せない人が増えるという事態が予想されるなかで、自分にできる事は何か無いだろうか?と考えた結果このブログを立ち上げるという発想に至りました。

ブログの方針

「実際に自分が借金を完済するまでに得た経験・知識を発信する」というものです。

誰でもきちんと実践できる、具体的な内容の紹介を心がけていますが、自分の場合は「800万を2年で返済する」というかなり極端な目標を立てていた為、手段もかなり極端なものが多いかもしれません。

状況に応じてアレンジしながら、参考にできるところからマネしてチャレンジしてみて欲しいなと思います。

借金に今悩んでいるあなたに

まず守るべき大事な2点

具体的な返済方法にうつる前に、まずこの記事を読んでいる方にお伝えしたい事があります。

借金がある自分に対して自己否定をしないで下さい。

お金が無い事に対して、惨めに思わないで下さい。

人間の脳は、お金に関するストレスによって頭が悪くなるようにできているという事が昨今のお金に関する研究で分かっています。

これは、

お金が無い

→判断力・決断力が鈍る

→お金を失う、得るチャンスを失う

→お金が無い状況が続く

 というループに陥りやすいという事です。

性格や人間性によるものよりも、脳の構造が単に「そうなっている」からこそ、今の苦しい環境から抜け出せていないのです。

ゲームに例えると、キングボンビーが後ろにずっとついている中で借金を0にしろ、と言われているようなものです。自分自身を卑下する必要は全くありません。

もう1点。

それは一発逆転のような借金返済方法を考えないという事です。

これは借金返済に苦しむ人が一番望んでいるものだと思います。

当然、自分自身もそうでしたし、事実こうした発想によって判断が甘くなり、結果大きな借金を追加で負ってしまうハメになりました。

借金を返済していく過程では、実に多くのチャレンジをしてきました。その中には怪しい情報商材のようなものもあります。

その結果、私たちが望む「一発逆転で借金返済、大金持ち」というようなものが存在する確率は限りなく0%に近いと今では確信しています。

仮にあったとしても、それは結局自分自身の努力や知識・経験がベースになる事がほとんどです。

YouTuberなんかは分かりやすい例かと思います。確かに当たればとてもつもない収入を手に入れる事ができます。

ただし、365日中ほぼ毎日、ほぼ1日をYouTubeに費やす生活を何年も行う必要がある事もまた事実です。元々著名な人であれば少しその条件も変わるかもしれませんが、基本的には全員同じです。

例外的に、ビットコインのような事例が存在する事は確かです。

実際に自分の周りでもビットコインで億り人になった友人が存在します。

今ではその友人はシンガポールに住んでいて、怪しそうな人達といつもお金儲けの話をしているようです・・笑

世の中のシステムが大きく変わる時には、後で振り返るとチャンスだった と思える瞬間がたまに存在します。ビットコインはそのうちの一つですね。

ただ、そういうものはそんなしょっちゅうある訳ではないですし、仮にあったとしても「時間」「知識」「お金」が十分に無いとなかなか飛び込めないのではないでしょうか。

また、そうしたチャンスは基本的にお金持ちや権力のある人にまず話がいきます。一般人が参入する時には「おこぼれ」程度しか無い事がほとんどですから、過度に期待しすぎるとロクな目に合いません。

十分な経験・知識・時間・お金が無い中で玉石混交の情報を一個一個確かめるのはほぼ無理と思った方が良いでしょう。

たくさんのお金を得るという事、それは大きな雪だるまができている状態だと思います。

大きな雪だるまを作ろうとした時に、だるまが空から降ってくるのを待っている人は居ませんよね?

大きな雪だるまをいきなり探すのではなく、まずは雪の塊を作る事が必要です。その塊を転がすうちに、大きくなって自然とだるまになっていきます。

雪だるまのような大きさの雪が降ってくる事は100%ありませんが、自分で作り出す方法が分かっていればいつでも作る事ができます。

この「雪の塊が少しづつ大きくなっていく」という実感が、借金の返済をしていく上でとても重要だと考えています。

さて、長くなりましたがここからは実際に最初の雪の塊を作っていく作業になります。

退屈なパートもあるかもしれませんが、実際に私が800万円の借金を返済する上でどれも大事な項目でしたから、是非読み進めて頂ければと思います。

ベースとする考え方

当たり前の事ですが、借金を返済する為には以下のルールを厳守する必要があります。

収入を増やして支出を減らす=借金返済の全て

これ以外には自己破産しか借金状態を抜け出す手段はありません。仮に債務整理をしても、借金の総額が減るだけですから、上に挙げたルールは適用されます。

重要なのは、収入を増やす事と支出を減らす事は借金を返済するという点においてはアプローチが同じという事です。

借金を返済する為に副業に取り組む、という人が多いと思いますが、それと同じくらい支出を減らす事も重要です。

そして私としては、支出を減らす事の方が借金の返済には効果的だと思います。

なぜなら「即効性があり」「費用対効果が明確」だからです。

収入を増やす為には、多くの不確実な作業が必要です。そしてそれらの作業全てが報われる訳ではありません。

そうした、「やっても意味がないかもしれない」ような作業は借金返済という険しい坂道を登る上で、かなりのモチベーションの低下になります。

であるならば、まずはやった分だけ報われる支出を減らすべきです。

借金はいくらからが「ヤバい」のか

また、実際に借金返済の為に取り組んだ自分だからこそ分かった事ですが、ある程度の借金であれば支出の削減だけでも完済は可能だと思います。

支出の削減だけで借金を返済できる目安は

「自分の年収の1/3以下程度の借金」

になるのでは、というのが自分の感覚です。

借金額が自分の年収の1/3を超えている場合は収入も増やさないと厳しいかと。

ただし、収入が300万未満の方は「自分の年収の1/3以下程度の借金」だったとしても、収入を上げる必要があると思います。借金の額が生活費に与えるインパクトが大きいからです。

借金の額がいくらだとヤバイ、という考えではなく収入に対してどの程度の割合なのか を基準として持っておいた方が良いかと思います。

やや話が横に反れましたが、支出の削減だけでも十分に借金返済できる というのは今借金返済に悩んでいる人にとって力の湧く話ではないでしょうか。

次の項目からはどのように支出を削減していくべきか、私が取り組んだ事例を元にお話したいと思います。

支出をどう減らすか?

まずは家から考える

結論として、「まずは住む家を軸として、生活そのものを変える環境を作る」という事を強くオススメします。

借金を返済する為には、まず生活そのものを見直す必要があります。

今まで「当たり前」「習慣」としていたものを見直さなければ支出を減らせないからです。

その為には、生活そのものを見直す必要があるのですが、これが難しい事は私も重々把握しています。

そもそも人によって価値観・習慣が全く違いますし、色んな理由をつけて、結果必要なものばかりになってしまう事が多いでしょう。

だからこそ、生活そのものを見直す為には、まず住む家を変えた方が早いのです。

極端な話、ビジネスホテルに1ヶ月住め、と言われたらどのような準備をするでしょうか?

もちろん今の家にあるもの、サービス全てを持っていけませんから、吟味せざるを得ませんよね。最小で、最適な準備をするはずです。

その準備で1ヶ月、ビジネスホテルに住む事が出来たら、あなたが今まで「必要」と思っていた多くのものが実は要らなかったという事に気づくはずです。

住まいを変える際は、可能な限り狭くて家賃が安い家がオススメです。ただ安いだけでは無く、「狭い」というのが重要なポイントですね。1人暮らしなら6畳以下が一つの目安かなと思います。

ちなみに私は、借金800万を抱えていた当時、かなり見栄をはって結構いいマンションに住んでいました。1LDKの60㎡、家賃は確か18万程度だったと思います。

借金返済を決意してからまず行ったのは、この贅沢な住まいから、9㎡程の1Rアパートへの引っ越しでした。

この引っ越しによって、家賃は18万円から3.5万円となり大幅な支出の削減をする事ができました。

ちなみにこのアパート、東京23区内で家賃3.5万です。お察しのように、かなりパンチの効いた物件でした。

かなり辛かったですし、ストレスも尋常じゃなかったですが、このおかけで借金返済の為の大きな土台が出来たと今では思っています。

ライフスタイルを見直して、支出を最適化する

軸となる家を見直した事で、ライフスタイルも大きく変わらざるを得ません。

その際、ミニマリストの考え方は、支出を減らす上で非常に参考になります。特に私が参考にしたのは以下3点です。

  • 保管、保有するものを減らす
  • スマートフォンで代替出来るものは持たない
  • 収納出来るスペースを増やさない

保管、保有するものを減らす

手元に無ければ生活が成り立たないもの以外は自分で保有しない、という事ですね。

スマートフォンで代替出来るものは持たない

テレビ、本、カメラ、ゲーム、パソコンなど ミニマリストはスマートフォンの進化によって可能になったと言っても決して過言ではないと思います。

スマホを使いこなせる人程、身軽になり生活に必要なものも減っていくと感じます。

収納出来るスペースを増やさない。

インテリアとして置いている人も多い収納棚ですが、物を減らすという観点で最も大事なのは「収納できるスペースを増やさない」事です。

スペースが増えるとそこに物を置きたくなり、結果本来必要でない物も買ってしまうからです。

元々の家の収納スペースでおさまる範囲でしか物を持たないようにする、というルールを設けて生活する事で余計な物を買わなくなるはずです。

これらの考え方をベースに、自分が安アパートに引っ越す上で手放したものリストが以下になります。

身軽になる為に捨てたもの

・テレビ
・テレビ台
・ゲーム機
・ソファ
・iPadなどのタブレット
・服50着程度
・食器20個程度
・冷蔵庫
・固定のインターネット回線を解約
・スマートフォンのキャリア回線
・ポイントカード
・クレジットカード
・大量の書類
→全てスマホでデータ化し、一部をのぞいて廃棄
・使わないのに入っていた定額サービス
・貯蓄型の生命保険

そして、必要と判断し残ったものが以下のリストとなります。

身軽である為に残したもの

・スマートフォン
・パソコン
・ベッド
・電子レンジ
・洗濯機
・服10着
・食器3個
・格安sim
・AmazonPrime(定額サービス)
・掛け捨てのがん保険

如何でしょうか。こうして振り返ると、冷蔵庫が無いというのは結構クレイジーですね。。

ここまでは無理!という方も、まずは出来る範囲からこのような断捨離をされてみて下さい。

あくまで「自分にとって無理の無い範囲で」最適化する事が重要です。

お金を持ち歩かない習慣をつける

私にとって、この習慣づけが最も辛かったです。

なぜならギャンブル中毒によって、お金があるとパチンコ屋に行くという悪いルーティンが体に染み付いてしまっていたからです。

「財布を持たないようにしよう!」と思い行動してみるも、休みの日になると我慢できず財布を持ち出してパチンコ屋に行ってしまう・・。

「少ない現金しか持ち歩かないようにしよう!」と思い行動してみるも、1パチや5スロに行ってしまう・・。

また、それと合わせてストレスが溜まると仲間を連れて飲み歩く、という事もしばしばありました。

完全にどうしようも無いという状況だったので最終的にはキャッシュカードをハサミで切り、「現金を簡単に引き出せない環境」を無理やり構築しました。

コンビニのATMで引き出せる事が無駄遣いの原因だったので、その引き出すカードを使えなくしてしまえ、と考えたのですね。

そしてクレジットカードも同様にハサミで切りました。

クレジットカードも借金に変わりありませんし、クレジットカードを持ち歩く事で飲み歩いてしまう事が度々あったからです。

こうして使えるのは

・現金

・Suica

だけ という環境に身を置きました。

まず現金については、給料が入ったあと銀行のATMに行き、通帳で必要な金額のみ引き出します。

そしてその引き出した金額の中から2万円をSuicaにチャージ。

普段の生活はこのSuicaのみで、どうしても現金が必要な時のみ予め現金を持っていくように縛りを設けました。

財布は持ち歩かず、Suicaのみで生活

言ってしまえば「Suicaだけで生活縛り」な訳ですが、私にとってこの「Suicaだけ生活」は借金返済にかなり貢献してくれました。

Suicaの場合、チャージ金額の上限が決まっています。その為、高い買い物や飲食に向いていません。

また、利用できる店舗やサービスはかなり多いですが、一方でどこでも使えるという程の利便性は今のところありません。

逆に言うと、コンビニやスーパーなど必要最低限のものは購入出来ます。

そして私はキャッシュカードをハサミで切っていますし、通帳も持ち歩かないので、いつでもお金を引き出してチャージできる と言う状況でもありません。

結果、食費や雑費、生活費はこの2万円でやりくりするようになりました。

この「Suicaだけ生活」は私の借金返済にかなり貢献してくれましたが、一方で失ったものもありました。

それが人付き合いです。

誘われてもその店がSuicaを使えるところかわかりませんし、割り勘もできません。財布も持っていなかったので、断るしか無いという状況がほとんどでした。

結果、誘われてご飯に行ったり飲みに行く事はほとんどなくなってしまいました。しかし、どうしても行きたい時に自分から誘うようになった事で付き合う人間関係に変化が起きていきました。

人から選ばれるのでは無く、自分から選ぶようになったのです。最初の頃は誘われない事に対して色々考えましたが、発想を切り替える事で結果的にストレスは減りました。

収入をどう増やすか?

さて、ここまでかなり長くなってしまいました。おそらく皆さんが最も聞きたいのはこの項目なのでは無いかと思います。

自分が800万の借金を抱えている時の収入(手取り)は約400万でした。

そして返済に対して自分は「2年で完済する」という目標を立てていました。

目標達成に向けて、今まで述べてきたような支出の削減にまずは全力を注いでいきました。

もちろん、はじめの頃は思うように改善ができない時期が続きましたが、取組を初めて3ヶ月後くらいには毎月の支出が15万円くらいにまで落ち、半年後くらいにようやく10万円くらいにまで落とす事ができました。

なので、借金返済に本気で取り組み始めてから半年で、毎月25万〜30万を返済に回せる状況にはなっていた事になります。

ただ、この返済ペースを維持しても、2年で返済する為にはざっくり計算してもあと300万円くらいが足りない事がわかったのです。

さすがにこれ以上支出を減らすのはもう無理でしたから、あと2年間で300万円収入を増やすか、または300万を作るしか無い、という発想になった訳です。

そうして試行錯誤を繰り返し、自分が実際に収入を増やせたものについて書いていこうと思います。

詳細にうつる前に、私は「収入を増やす」「収入を新しく作る」の2つともをスマホ、パソコンで実現しています。もちろん世に出回る「スマホを1日1回ポチっと押すだけ!」みたいな怪しい情報商材ではありません。

お伝えしたいのは、ITを使いこなす人とそうでない人とで、情報格差はとんでもなく広がっており、お金を得るという面でも差はとてつもなく広がっているという事です。

既にこのブログを読んでいるあなたはある程度使いこなせている方だと思いますから、さらにスキルを磨けば収入は大きく伸びていくはずです。

横道に反れましたね。それでは収入についての詳細を記載して行こうと思います。

「即金」を作る

文字通り、お金を手早く得るという内容です。

ここでは、

・メルカリを活用した不用品の販売

・ポイ活

・FX現金キャンペーン

の3つを紹介します。

私はこれらを実際に行い、45万くらいの現金を作りました。

借金が50万未満の方は、これらを活用するだけで返済できるかと思います。

メルカリを活用した不用品の販売

ここについては既に多くの人がやっていると思うので、自分から特に説明をする必要も無いと思います。

自分は不用品がかなり多かったので、これだけで5万円くらいにはなりました。

メルカリではなくヤフオクなど他のオークションサービスでも悪くは無いと思いますが、メルカリの方が利用者の反応が早く、何より売れる金額も高いという特徴があります。

あまりこういったサービスに詳しくない方はメルカリを使われるのが良いと思います。

ポイ活

かなり即効性があり、実際に自分もある程度お金を得る事ができました。

私がやっていたのは「モッピー」というポイントサイトです。

色んな資料請求や無料サービスの申込をひたすらやりまくって、2ヶ月くらいで20万円くらいは作れたんじゃないかと。

自分はクレジットカードだけは作らない、というルールを決めていたのでこの金額でしたが、ここもOKとしてしまえばもう少し額は増えるはずです。

ただし、時間をかけても もらえる額はそこまで増えていきませんから、10〜25万円くらいがもらえる限度だと考えておいた方が良いと思います。

FXの現金プレゼントキャンペーン

ポイ活でお金を得たあとは、こちらも進めていきました。

簡単に言えば、「口座申込&取引するだけで現金プレゼント」というものです。

当時の私はFXの知識が全く無かった為に独学で始めましたが、結果的になんとか20万円程度の現金をもらう事が出来ました。

本業の収入を上げる

さて、次に本業の収入についてです。

結論からいうと転職をしました

少しでも年収を上げたかったのと、副業OKなところに就職したかったからです。

結果、転職で年収は100万円も上げる事ができましたが、これでもまだ2年の完済には足りなかったので、残りは副業で頑張るしかない という状況になりました。

具体的な転職方法についてはまた別記事でご紹介しようと思いますが、年齢に対する年収や、働き方の柔軟さを含めると、現在はIT業界が一番良いと感じました。

自分は新卒からずっとIT業界で働いていたので、この点はラッキーだったなと思います。

ただ、IT業界と言っても膨大な数の会社がありますし、かなり進化の早い業界ですから、同じIT業界でも既にしんどい分野とイケイケな分野に別れていっています。

逆に言えば、スキル次第で完全別業種からも転職出来ます。

副業で収入を作る

最近副業について調べたり、実際に取り組んでみようと思っている人が多いように思います。私も副業が無ければ借金は完済できていませんでしたし、収入の柱が複数あるのは良い事だと考えています。

ですが、一般的に借金返済を考える上では副業は一番最後の選択肢でも良いのかなと感じます。

実際に、「支出の削減」と「本業の収入を上げる」の2点をしっかり取り組めば、自分のようによっぽど額が大きいですとか、かなりの短期間で返済したいとかが無ければ無視できるはずです。

あくまで副業は+αであり、まずはベースとなる部分の改善をきっちり行った上での検討をオススメします。

さて、私の場合はIT業界での経験・知識が結構あったのでこの分野を副業として取り組みました。

具体的には、Webサイトの制作・運用や集客のコンサルティングを会社や個人から請け負うというものです。

マナブさんという今はYouTuberとしても活躍されているブロガーの方が、動画やtwitter・ブログで言っているような内容ですね。

もちろん私がマナブさんほど実績があるか と言われれば当然ありません。それでも、ある程度は会社で実績を出していましたから、それらの実績を下に、自分から色んな会社の社長や営業に声をかけていき、依頼を受ける事ができました。

最初の頃は月に5万円でWebサイトの運営に関するアドバイス。

次にWebサイト制作・改修をお手伝いさせてもらい、15万くらい。

そしてその後はWebサイトへの集客コンサルをやって欲しいという声も頂くようになり、それを月25万くらい。

このような感じで月に2〜3件取組、最終的には月に40万くらいの収入にはなっていたかと思います。(後半は明らかに本業よりも収入も稼働時間も多くなり、ちょっと意味不明な働き方になっていました・・。)

借金返済2年目はコンスタントに月に25〜30万の収入を確保できていた為、今までの取り組みと合わせてようやく借金を返済できた という感じです。

自分の場合はこのような副業でしたが、他にもブログを制作したり、せどりをしたり、自作で何か作ってメルカリで出品したりなど、内容は何でもいいと思います。

大事なのは、「自分が好き」と思える内容で、客観的に「自分は得意」と言えるもので、かつ他の人から求められるものにチャレンジする事。

「〇〇はオワコン」と煽る方はたくさん居ますが、実際はそうでもないものがほとんどです。副業に正解はありませんから、正解の無いものに対して他の方の意見を聞きすぎるのも良くないと思います。

まとめ

かなり長くなりましたが、以上が800万を2年で完済した方法の全てです。

再度、ポイントを以下にまとめましたのでチェックしてもらえればと思います。

毎月かかる固定費を大きく削ろう

・住む家からまず小さくしよう。そうすれば、他の支出も家に合わせて小さくなる。
・本当に最低限と呼べる状態まで、一度物を減らしてみよう。コツは、ビジネスホテルに1ヶ月住まないといけない、となった時に自分が持っていくものは何だろう?という視点。
・スマホで完結できるものは何でも完結してしまおう。

何気なく使う支出を見直そう

・お金を持ち歩かない状態を作ろう。いつでも引き出せる状態も断ち切ろう。
・毎月上限を決めて、その上限内で食費を含む生活費をやりくりしよう。
・Suicaに上限までチャージして、そのチャージだけで生活するのがオススメ。

収入を増やそう

・まずはネットを駆使して、もらえるものはもらってしまおう。
・副業で一発逆転を狙うのではなく、本業を見直そう。
・今勤めている業界で、もっといい条件の会社はないだろうか?また、副業OKな会社はないだろうか?
・現在就職していない、失業中の人はチャンスと思ってIT業界への転職に思い切ってトライしてみよう。門戸は広い!
・副業は自分が情熱を持てるものにしよう。また、きちんと相手が求める内容に答えられる内容にしよう。

こちらのページは今後も内容を適宜見直し、変更していきたいと考えています。

よろしければ読んでみての感想や質問などをページ下のコメント欄から頂戴できれば幸いです。